• 1日で園内全てを見ることが不可能なほど、広くて盛りだくさんの公園です。だって、サイクリングコースが全長約17kmですから!1日で回ろうなんて思わないでくださいね。ぜひリピーターになってください♪
  • 子どもが小さいうちは「水遊び場」や「むさしキッズドーム」などに留まり、じっくり遊んだ方がいいかもしれません。「むさしキッズドーム」(上写真)は、屋根があるので雨の日でも遊べるんですよ!
  • レンタサイクルは子ども乗せ自転車もあるので、補助輪なしで乗れない子どもと一緒にサイクリングできます。サイクリングコースは結構坂道がありますので、ママ・パパがんばって!小学生くらいになり、補助輪なしの自転車に乗れるようになったら、ぜひ自転車を利用してください。自転車を使えば、園内を満喫できること間違いなしです!
  • 一山が日本一大きなエアートランポリン「ぽんぽこマウンテン」があります。小さい子用のもあるので、みんなで飛んでみよう~。
  • 四季折々の草花も見事です。自然の中でのんびり過ごすのも良いと思います♪

遊べる度1日遊べる大型遊具で遊ぶ水遊びができるアスレチックで遊ぶバーベキューができる芝生で遊ぶ
名称国営武蔵丘陵森林公園
(こくえいむさしきゅうりょうしんりんこうえん)
所在地

〒355-0802 埼玉県比企郡滑川町山田1920
TEL:0493-57-2111【森林公園管理センター(9:00~17:30)】

Googleマップへリンク

料金

大人450円、小人(中学生以下)無料、シルバー(65歳以上※年齢を証明できるものをお持ちください)210円
2日間通し券や年間パスポートもあります。

時間

(3~10月)9:30~17:00
(11月) 9:30~16:30
(12~2月)9:30~16:00

休み

年末年始(12/31~1/1)、1月の第3・4月曜日

公式サイト

国営武蔵丘陵森林公園

駐車場

620円/日(約2,000台)

アクセス

【電車・バス】
東武東上線「森林公園」駅北口より直通バス「森林公園南口」行き終点下車。(土日祝のみ運行)
東武東上線「森林公園」駅北口よりバス「熊谷駅南口」行きまたは「立正大学」行き、「滑川中学校」下車、徒歩5分。もしくは「森林公園西口」下車すぐ
JR高崎線「熊谷」駅南口よりバス「森林公園駅」行き「森林公園西口」または「森林公園南口」下車すぐ
【車】
関越自動車道「東松山」ICより熊谷方面へ約10分

お店

売店、レストランあり。

ペット−(未確認)
その他

年に数回、無料開園日があります。
子ども達が喜びそうな「むさしキッズドーム」「冒険コース」「水遊び場」は西口から行くのが近いので、子連れの方は西口がオススメです。

取材日 ー
管理者確認日 2014.11.27 最終更新日 2018.06.29

西サイクリングセンター

GWは開園後たった10分で、レンタサイクルの受付は長蛇の列でした。

駐輪場

サイクリングコース内にはポイントごとに駐輪場があります。コース以外は自転車で園内を走行できないため、駐輪場にいったん停めて、目的地に向かいます。

山道

「ぽんぽこマウンテン」に行くためには、山道を行きます。

運動広場

運動広場 ここに写っている画像で、運動広場の3分の1程度しか写っていません。とにかく広いんです!

ぽんぽこマウンテン

ぽんぽこマウンテン 一山が日本一のエアートランポリンです!子ども達は汗だくになりながら、夢中で跳び続けています。

小さい子用のエアートランポリン

小さい子用のエアートランポリンもあります。周りには木陰や自動販売機もあるので、一休みできますね。

展望レストラン

展望レストラン 屋外のテーブルには備え付けのコンロがあり、バーベキューを楽しむことができます。(要予約)

記念広場

記念広場 公園の中心にあります。

中央口のエントランス

中央口のエントランス部分です。

むさしキッズドーム

むさしキッズドーム 滑り台もたくさん!さあ、遊ぶぞ~!!

ボールプール

ボールプール ちょっと小さめなので、空いている時を見計らって入るのがオススメ。

どこから行こうかな

君はどの穴から向こう側に行く?ちなみに大人も通れる穴があるよ。大人は穴を間違えるとはまっちゃうよ~!

ネットを上ろう

階段ではなく、ネットを伝って上まであがるよ。けっこう高いけどがんばれ~。

ドームの裏側

ドームの裏側はこんな感じ。

ターザンロープ

ターザンロープもありま~す。

水遊び場

水遊び場 水遊び場周辺は土足禁止。水の中も裸足で入ってね。

水遊び場

水遊び場横にはテーブル付きのベンチがあります。

冒険コース案内図

冒険コース案内図 1~24までのアスレチックを君は全てクリアーできるか!?小さい子は必ず付き添いの人と一緒にやってね。

1番「元気もりもり号」

1番「元気もりもり号」 船の形になっています。

4番「まるたつりばし」

4番「まるたつりばし」左のすべり台は見た目より結構傾斜があり、小さいお子さんの中には怖がって滑られない子もいました。保護者の方が十分見てあげてくださいね。

24番「ローラーすべりだい」

24番「ローラーすべりだい」 すごく長いよ!

おすすめコンテンツ