郡山市ふれあい科学館スペースパーク
  • 月の重力を感じるムーンジャンプや無重力訓練装置など、体を使って宇宙を身近に感じることができます。サイエンスショーや科学工作も大人気!小さい子が遊べるコーナーもあり、家族みんなで楽しめる科学館です。
  • 「宇宙劇場(プラネタリウム)」は星空だけでなく、宇宙にまつわるさまざまな映像番組があります。こちらは世界一地上から高い場所にあるプラネタリウムで、ギネスにも認定されているそうです。
  • 展望ロビーにある面積40m²の鉄道ジオラマは、Nゲージの中では国内トップクラスの大きさ!SL運転シミュレーターもあり、鉄道好きな子も楽しめます。
  • 郡山駅前のビル「ビッグアイ」にある施設なので、アクセスは抜群です。郡山駅を出入りする新幹線も上から見ることができるので、実は鉄道ファンの穴場かも?

遊べる度半日遊べる屋内で遊ぶ1000円~
名称郡山市ふれあい科学館 スペースパーク
(こおりやましふれあいかがくかん)
所在地

〒963-8002 福島県郡山市駅前二丁目11番1号(ビッグアイ20~24階)
TEL:024-936-0201

Googleマップへリンク

料金

【展示ゾーン】一般(65歳未満)400円、高校生・大学生等300円、小学生・中学生200円、幼児・65歳以上無料
【宇宙劇場(プラネタリム)】一般(65歳未満)400円、高校生・大学生等300円、小学生・中学生200円、幼児・65歳以上100円

時間

【展示ゾーン】10:00~17:45(入館は17:00まで)
【宇宙劇場(プラネタリム)】
(平日)10:00~16:15(入館は15:30まで)
(金曜)10:00~19:45(入館は19:00まで)
(土・日・祝日)10:00~17:45(入館は17:00まで)
【展望ロビー】10:00~20:00(入館は19:30まで)

休み

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12/31、1/1
※機器の点検等により、臨時休館もあり

公式サイト

郡山市ふれあい科学館スペースパーク

駐車場

無し

アクセス

【電車】
JR「郡山」駅西口より徒歩約1分
【車】
東北自動車道「郡山」ICより約20分
東北自動車道「郡山南」ICより約20分
磐越自動車道「郡山東」ICより約20分

お店

カフェあり。

ペット
その他

当日限り再入場も可能です。

取材日 2017.04.07
管理者確認日 2017.05.18 最終更新日 2017.06.08

ビッグアイ

ビッグアイ 郡山駅の目の前にある24階建てのビルです。スペースパークは20F~最上階の球体のある部分です。

エレベーター

スペースパークへは、直通のエレベーターでひとっ跳び!

球体は目の前で見ると、とっても大きいよ!直径は26mもあるんだって。

展示ゾーン入口

展示ゾーン入口 さあ、宇宙へ冒険だ!

宇宙船の中のような通路です。

プロローグ

プロローグ 並んでる惑星は、それぞれビッグアイの球体を太陽の大きさとした場合の大きさだそうです。

21F展示ゾーンに降りると宇宙服(レプリカ)がお出迎えしてくれます。

びっくり実験ラボ

びっくり実験ラボ 実験や工作、サイエンスショーが楽しめる人気のコーナーだよ。

国際宇宙ステーション日本実験モジュール「きぼう」

国際宇宙ステーション日本実験モジュール「きぼう」 一部分の実物大模型だって!

トリプルスピン

トリプルスピン 実際にNASAで行われていた無重力訓練を体験してみよう!※要整理券

ムーンジャンプ 月で感じる重力(地球の1/6)を体験できます。※要整理券

隕石

隕石 本物の隕石をさわったり持ち上げたりできます。

進化する宇宙・ふくらむ宇宙

進化する宇宙・ふくらむ宇宙 今も膨らみ続けている宇宙を、光と音声で解説してくれます。

星の距離を測る

星の距離を測る 星までの距離の測り方を、「明るさ」「大きさ」「角度」の3つの方法から試してみよう。

ペットボトルの空気砲

円筒飛行機やペットボトルの空気砲などで遊べました。

ロボットアニマル

ロボットアニマルともふれあえました。かわいい♪

ワークショップコーナー 土日限定でボランティアさんが教えてくれる科学工作コーナーです。

キッズプレイス

キッズプレイス 小さい子はここで遊べるよ。

宇宙劇場

宇宙劇場入口 23階のプラネタリウムは、世界で一番地上から高いところにあるのだそうです!

展望ロビー 地上96mの高さは県内一!かなり遠くまで見渡せますよ~!

鉄道ジオラマ

鉄道ジオラマ 1日3回、鉄道ジオラマショーが行われます。

SL運転シミュレーター(有料200円)

SL運転シミュレーター(有料200円) カメラ付きの鉄道ジオラマの模型列車を動かして、本物みたいな運転体験をしてみよう。

エンゼルナとミーニャン

『銀河鉄道999』の松本零士名誉館長デザインの科学館キャラクター「エンゼルナ」と「ミーニャン」です。

このエリアの他の公園・施設

郡山市の公園・施設をもっと見る

おすすめコンテンツ