1000円もって公園へ行こう!-大人2人、子ども2人で1000円以内で楽しめる公園・施設の総合サイト-

HOME > 茨城県 > 古河市 > ネーブルパーク

ネーブルパーク(ねーぶるぱーく)

ネーブルパーク
  • ★「花と緑と水」をテーマに、四季折々に色々な体験できる広大な公園です。「ネーブル」(navel)とは、“へそ”や“中心”という意味。公園が関東平野のほぼ中央に位置することから名付けられたそうです。
  • ★大きな遊具で体をいっぱい動かして遊べるよ。何とここには地下迷路(有料)が…!勇気を出して探検してみよう。
  • ★キャビンや平成館で宿泊することもできるので、連休や夏休みにはたっぷり楽しめます。キャンプファイヤーができる設備もあるよ。
  • ★工芸館では、陶芸用の絵付けをしたり、粘土から成形する本格的な陶芸を体験することもできます(有料)。

入園料

無料!

その他

遊べる度

1日あそべる 動物とふれあう バーベキューができる 車椅子でもあんしん 水遊びでたのしむ 芝生であそぶ 大型遊具であそぶ

アイコンの説明

■ペットの入園はできません。

■アクセス■
JR古河駅よりJRバス「ネーブルパーク前」(約20)下車すぐ

時間

6:00~21:00
有料施設はそれぞれ異なる。

お休み

12/28~1/4
有料施設はそれぞれ異なる。

駐車場代

無料!

公式サイト

ネーブルパーク
ネーブルパーク ポニー牧場

お店情報

【軽食コーナー】うどん・そば、丼、ソフトクリームなど
【売店】菓子や簡単なおもちゃ
【アンテナショップ花桃館】古河ブランド認証品を販売

所在地

〒306-0221 古河市駒羽根620 TEL:0280-92-7300

ネーブルパーク入口

ネーブルパーク入口 入ってすぐに「大地の広場」があり、周りを見事な藤棚が囲んでいます(見頃:5月)。

大地の広場

渦巻き状に並べられている大きな石は、それぞれ太陽系の惑星を見立てているそうです。とんがり型の石は太陽。どれも天然石です。

せせらぎ

園内にはあちこちに川が流れており、せせらぎの音を聴かせてくれます。

せせらぎ

木陰もあるので、夏も涼しく遊べそうですね。

水車小屋を囲むのどかな風景

水車小屋を囲むのどかな風景。園内のあちらこちらで、四季折々の花を愛でることができます。癒やされますね~。

大型遊具

アスレチック広場にドーンと構える大型遊具。滑り台は2段になっており、3階からの眺望も見事です。下の階の滑り台はかなり緩やかです。

ターザンロープ

ターザンロープなど、子どもに人気のアスレチックがたくさんあるよ。

アスレチック

変わった形のアスレチックや綱登りもありました。

地下迷路

地下迷路は土日祝日と春・夏休みの10時~16時に遊ぶことができます。地下へ入る時には、ヘルメットを使用してくださいね(使用料100円、園児・幼児は無料※但し小学生3年生以上の付き添いが必要)。

宿泊用キャビン

アスレチック広場の奥に広がるのは、宿泊用のキャビン。木々に囲まれて、のんびりと過ごすことができそうです。バーベキューを楽しむ時もこの周辺で。

平成館

平成館 研修施設ですが宿泊もできます。和室と洋室があり、宿泊料金も格安です。

船型の遊具

農業公園側にある船型の遊具。この遊具も大きいよ!

引き馬

引き馬 体験できる時間帯が短いので、ご注意を!お馬さんのお世話ができる、厩務(きゅうむ)体験もできます。(要予約・有料)


厩舎

厩舎 ここでポニーたちに会うことができます。噛んじゃうことがあるので、近づきすぎないようにね。土日祝は、えさあげタイムもあります。(にんじん1カップ100円、11~11時半でにんじんがなくなり次第終了)

スプリング遊具

スプリング遊具でゆらゆら~。



ヤンチャ森

ヤンチャ森 0~3歳児のための子育て広場(9~17時、使用料200円、古河市民は無料、近隣5市町の住民は100円)。この他、おむつ換えルームもあります。

売店

園内3箇所の売店は、軽食コーナー、お菓子玩具等の売店、古河ブランド認証品の販売店とそれぞれバラエティに富んでいます。

売店

「おみやげが買える公園」というのも、珍しいですね。

案内図

案内図

Last update 12.06.07
[ 広告 ]