• 飛行機に関する様々な展示がある施設です。本物のコクピットを見たり、大型模型の操縦体験をすることもできます。
  • 成田空港のすぐそばにあるので、迫力のある飛行機の離着陸を見ることができます。展望展示室からは成田空港の滑走路が一望でき、時が経つのも忘れて見入ってしまいます。かっこいい飛行機を間近で見たら、きっとみんな虜になりますよ!
    ※リニューアル工事中の為、一部利用できない箇所があります。

遊べる度半〜1日遊べる屋内で遊ぶ1000円~
名称航空科学博物館
(こうくうかがくはくぶつかん)
所在地

〒289-1608 千葉県山武郡芝山町岩山111-3
TEL:0479-78-0557

Googleマップへリンク

料金

大人500円、中高生300円、子ども(4歳以上)200円

時間

10:00~17:00(入館は16:30まで)

休み

月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末(12/29~31)
※夏休み(7/14~8/31)は無休

公式サイト

航空科学博物館

駐車場

無料(約300台)

アクセス

【電車・バス】
JR、京成電鉄「成田空港」駅より路線バス、またはタクシー
【車】
新空港自動車道「新空港」ICより10分

お店

ミュージアムショップ、レストランあり。

ペット
その他

取材日 2015.12.20
管理者確認日 2016.01.26 最終更新日 2018.09.10

西棟1F「ジェット機を知る」

西棟1F「ジェット機を知る」 中央にある模型は実物の1/8のサイズで作られた、世界で一番大きな動く模型だそうです。

JT-9Dエンジン

JT-9Dエンジン ジャンボ機用に開発された大型ジェットエンジンです。大人が手を伸ばしても届かないほどの大きさです。

ボーイング747の胴体

「ボーイング747の胴体」を輪切りにした展示がありました。

パイロットの制服

パイロットの制服 かっこいいですね~!

ボーイング747-400大型模型のコクピット

ボーイング747-400大型模型のコクピットコクピットの中で操縦し、大型模型を可動させる体験ができます(無料)。左が機長席、右が副操縦士席で、二人一組で操縦体験します。「機長:フラップアップ!」「副操縦士:ラジャー!」実際にパイロットが使う用語を使いながら操縦します。

空港模型

東棟2F「成田空港のひみつ」 成田空港の大きな模型がありました。

展望展示室

展望展示室 管制塔そっくりの外観です。

展望台

空港からひっきりなしに飛行機が飛び立つ姿とその迫力に、時間を忘れて眺めてしまいました。

ボーイング747(実物)「セクション41」

ボーイング747(実物)「セクション41」 セクション41とは、機首部分に付けられた名前です。インストラクターの方と一緒に機内の見学ができます(1人500円)。機体の外側は来館者は自由に見学ができます。

屋外展示場

屋外展示場 様々な機体を間近で見ることができます。

「YS-11」試作1号機

「YS-11」試作1号機 戦後、日本で初めて開発された旅客機です。

レーダーアンテナ

レーダーアンテナ

おすすめコンテンツ