• 宮ヶ瀬ダムは高さ156メートルもある首都圏最大級の大きさを誇るダムです。定期的に行われる観光放流は、迫力満点!放流口からの落差は70メートルもあり、25メートルプールを12秒でいっぱいにするそうです。
  • ダムの役割や水とエネルギーについて学ぶことができる「水とエネルギー館」があります。水や電気が家庭にどのようにして届くのか、模型を見たり体験を通して楽しく学べます。

遊べる度1~2時間遊べる
名称宮ヶ瀬ダム・水とエネルギー館
(みやがせだむ・みずとえねるぎーかん)
所在地

〒243-0307 神奈川県愛甲郡愛川町半原字大沢5157
TEL  046-281-5171(水とエネルギー館)

Googleマップへリンク

料金

無料

時間

【水とエネルギー館】9:00~17:00
12月~3月は、10:00~16:00

休み

【水とエネルギー館】毎週月曜日(祝日の場合翌日)、年末年始(12/29~1/3)

公式サイト

宮ヶ瀬ダム
水とエネルギー館

駐車場

【水とエネルギー館前駐車場】無料(9:00~17:15・9台)
※あいかわ公園駐車場の利用をお勧めします。

アクセス

【電車・バス】
小田急線「本厚木」駅より神奈川中央交通バス「半原」行き終点下車(約60分) 徒歩25分、または「センター経由半原」行き「愛川大橋」下車(約60分) 徒歩15分
JR中央線「相模湖」駅より神奈川中央バス「三ヶ木」行き終点乗り換え「半原」行き「石小屋入口」下車(約50分) 徒歩20分
【車】(あいかわ公園駐車場利用の場合)
圏央道「相模原愛川」ICより約30分、または「相模原」ICより約15分
中央自動車道「相模湖」ICより約45分

お店

【水とエネルギー館】カフェあり

ペット△(一部可)
その他
  • 宮ヶ瀬ダムから遊覧船に乗って、宮ヶ瀬湖畔地区、鳥居原地区へ行くことができます。遊覧船はペットと一緒に乗れます(膝の上にのせられる小型犬のみ)。

取材日 2019.08.28、2019.09.11
管理者確認日 2019.11.20 最終更新日 2019.12.12

石小屋ダム

石小屋ダム 宮ヶ瀬ダムの下流800メートルの場所にあります。宮ヶ瀬ダムの副ダムとして、放流の水の勢いを弱める等、大きな役割を果たしています。

愛川第一発電所

愛川第一発電所 観光放流日にあわせて発電所見学会が開催されることがあります。電気を生み出す巨大な発電機をぜひ見てみてください。愛川第1発電所見学会の様子はこちら

観光放流

観光放流は大迫力です!水しぶきも半端ないです!橋の奥の方に立つと確実に濡れます。

インクライン

インクライン(有料)に乗ってダムの上へ。見てください、この傾斜角度!なんと30~35度もあるそうです。

宮ヶ瀬ダム

ダムの上に到着!この幅がダムの溜めた水をせき止めているのですね。感動!

ダム管理事務所

ダム管理事務所 1階は展望ホールになっています。(8:30~17:15 ※土日祝日、年末年始は休館)

展望ホール

展望ホール 窓側にカウンターが置かれており、素敵な景色を見ながらゆっくりできます。

水とエネルギー館(無料)

宮ヶ瀬ライブラリー

宮ヶ瀬ライブラリー 宮ヶ瀬ダムの歴史について知ることができます。

電気ゾーン

電気ゾーン 発電について学べるエリアです。

電気の道

電気の道 作られた電気がどのように家庭に送られるかを、白い棒を使ってたどることができます。棒がレールに当たると「ビリッ!」とくるよ!

水の力で発電!

水の力で発電! ペダルを漕いで水を上に運ぼう。貯めた水を落下させて発電するよ。

電気をつくる

電気をつくる 風の力と光の力で発電される様子を体験できるよ。レバーを使って電気を起こしてみよう。

水道ゾーン

水道ゾーン 水道のしくみを学べるエリアです。

浄水ラボラトリー

浄水ラボラトリー 川から取水した水がどのように浄化されるのか見ることができます。

ダムカード

宮ヶ瀬ダムと石小屋ダムのダムカードをもらえました!

このエリアの他の公園・施設

おすすめコンテンツ