• 火事や地震、台風などの災害時にどのように行動すればよいのか、災害発生後はどのように協力しあえばよいのか等を学ぶことができます。自分を守る方法を学ぶ「自助エリア」と、助け合うすべを身に付ける「共助エリア」があり、いざという時にすべきことを防災体験を通して身につけることができます。
  • 訓練室では公開研修も行っています。基礎的なものから専門的な内容のものまで受講することができます(要予約)。

遊べる度1~2時間遊べる屋内で遊ぶ
名称横浜市民防災センター
(よこはましみんぼうさいせんたー)
所在地

〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡4-7
TEL:045-411-0119

Googleマップへリンク

料金

無料

時間

9:15~17:00
【体験ツアー】※個人(9名以下)は当日申込み。事前予約も可。
(1)9:30~、 (2)11:00~(3)13:30~、(4)15:00~

休み

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)

公式サイト

横浜市民防災センター

駐車場

無し

アクセス

【電車・バス】
JR、東急電鉄、京急電鉄、横浜市営地下鉄「横浜」駅西口より徒歩10分、または市営バス「鶴屋町3丁目」下車 徒歩3分、神奈中バス「中山駅~横浜駅西口」にて「市民防災センター前」下車 徒歩1分

お店

売店無し。

ペット
その他

取材日 2012.09.30、2016.09.25
管理者確認日 2016.11.10 最終更新日 2016.11.17

ミニ消防車

入口にミニ消防車があります。中に本物の防火服と同じ素材で作られた衣装があるので、消防士さんになって記念撮影をしよう!

衣装

大人サイズの衣装もあります。

火災シミュレーター

火災シミュレーター 消火器のセンサーがきちんと当たらないと火は消えません。しっかり狙ってね!

煙避難体験コーナー

煙避難体験コーナー インストラクターの方がスイッチを押すと、あっという間に体験空間が煙だらけに!煙がどのように室内に広がるかゆっくり観察することができます。

減災トレーニングルーム

減災トレーニングルーム まずは入口で「この中では何かが起こります!」とのお話が!何かは教えてくれません。さて、あなたは突然の災害にきちんと対応できますか?

減災トレーニングルーム

先発隊が中に入った後、待機組にこの後何が起きるか教えてくれました。「これから○○が起きます。それに対し、中の皆さんがどのように動くか観察し、自分の時にはどうすべきか考えておいてくださいね。」

減災トレーニングルーム

先発隊が中に入った後、待機組にこの後何が起きるか教えてくれました。「これから○○が起きます。それに対し、中の皆さんがどのように動くか観察し、自分の時にはどうすべきか考えておいてくださいね。」

減災トレーニングルーム

テレビのニュースでは大雨の情報が流れています。避難した方がよい、という情報も流れ始めます。

減災トレーニングルーム

さらに雨は増し、ついには窓ガラスが割れ、土石流が室内に!みんなならどうする!?

地震シミュレーター

地震シミュレーター 最初は架空の街並みが現れます。震度3・5・6強と揺れが大きくなるにつれ、町が壊れていく様子が流れます。

共助エリア(訓練室)

共助エリア(訓練室) 定期的な講習が行われています。テーブルやイスもあり、休憩することができます。

共助エリアにはキッズコーナーもあります。

このエリアの他の公園・施設

おすすめコンテンツ