• どこまでも続く森の中に、古い不思議な建物がポツポツと建っています。その建物の中には現役時代に大活躍した大型の望遠鏡や、宇宙に関する資料がたくさん展示されています。第一赤道儀室、天文台歴史館(大赤道儀室)、太陽塔望遠鏡(通称:アインシュタイン塔)、正門や守衛所などは国登録有形文化財にもなっているんですよ!三鷹キャンパス内には国登録有形文化財になった建造物が10件もあります。
  • 内容は大人向きですが、星や天文に興味のあるお子さんと一緒に本物の望遠鏡に触れてみるのはいかがでしょうか。中を散歩するだけでも楽しいですよ。デートにもおすすめです♪

遊べる度1~2時間遊べる芝生で遊ぶ屋内で遊ぶ
名称国立天文台 三鷹キャンパス
(こくりつてんもんだい みたかきゃんぱす)
所在地

〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
TEL:0422-34-3688

Googleマップへリンク

料金

無料

時間

10:00~17:00(入場は16:30まで)

休み

年末年始(12/28~1/4)

公式サイト

国立天文台

駐車場

はじめの3時間:500円。以降、1時間ごと200円。
駐車場は裏門側に有料の見学者用駐車場があります(54台)。
詳細は、<アクセス方法>を確認してください。

アクセス

【電車・バス】
JR「武蔵境」駅南口3番乗り場より小田急バス「狛江駅北口」行き「天文台前」下車
京王線「調布」駅北口11番乗り場より小田急バス「武蔵境駅南口」行き、小田急バス「三鷹駅」行き、京王バス「武蔵小金井駅」行き、全て「天文台前」下車

お店

天文台の食堂・売店を利用できます(平日のみ)。

ペット
その他

天文台の敷地内にある「三鷹市星と森と絵本の家」もおススメです。

取材日 ー
管理者確認日 2014.12.10 最終更新日 2019.04.02

施設内の様子

正面入り口にて見学者受付をして入ります。そこで見学者用ワッペンを受け取ります。中に入るとまずその広さに驚きますよ。

第一赤道儀室 ちょうど太陽観察会の日だったのでドームが開いていました。大迫力!

太陽系ウォーキング

太陽系ウォーキング 道沿いに太陽系の大きさを140億分の1に縮めて各惑星のパネルが立ち、紹介してあります。この100メートルの道が「太陽系ウォーキング」の道です。ほんの1歩が、700万キロメートル分です!「木星ってこんなに大きいんだ!」「火星と木星ってこんなに離れてる!」など、各惑星間の距離を体感しながら進みました。

天文台歴史館(大赤道儀室)

天文台歴史館(大赤道儀室) 中は展示室になっています。

65cm屈折望遠鏡

65cm屈折望遠鏡 とっても大きい望遠鏡です!屈折型の望遠鏡としては日本最大口径だそうです。本体がカメラに収まりません!

展示物

昔の天文学の機材などの展示がおもしろかったです。

江戸時代の天文学の資料

江戸時代の天文学の資料です。知識はなくてもおもしろいものがたくさんありました。

展示物

天文台の美しい四季の写真のパネル展示もあり、ロマンチックです♪ああ、デートで来たかった…!

太陽塔望遠鏡 ぐっと奥まった森の中にあります。

展示室

展示室 最新の天文学に関する展示があります。

天文機器資料館

天文機器資料館 こちらにもすごい望遠鏡があります!建物の周りは広い芝生広場になっています。

芝生広場

自然を感じながらの散策もおススメです。ベンチもたくさんあります。

このエリアの他の公園・施設

おすすめコンテンツ